2014年07月17日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室2年ゼミ「地域を支える市民の力」その6

140619_kg.jpg
実吉威さんにインタビュー。
タイトル「実吉威さんに聴くNPOを強くする方程式」です。
ディレクターの倉きらら、玉寄穂波、森岡勇太、山出彩夏、柳瀬梨甫が担当します。磁強さんは質問に丁寧かつ熱心に応えてくださり、とても優しい方でした。最初にNPOとはどういうものなのか説明します。NPOは国民全体に関わることではいため政府からの税金を使って支援をすることができない、例えば障害を持った人やLGBTの人などの支援を行っている非営利団体です。現在全国に約48000設立し、これは全国のコンビニの数と一緒です。しかし実際に活動が行われているのは数百しかありません。またNPOの寿命は平均7年といわれています。

次に「NPO支援」についてのきっかけと、内容を説明します。実吉さんが認定NPO法人市民活動センターを立ち上げようとしたきっかけは阪神淡路大震災でした。当時の兵庫県はたくさんの人の善意であふれており、お金も物資も山ほど存在し、それらが適切な場所に行きとどいなく、つなげる役目が一番重要だと感じたそうです。一歩下がった支援が大切だと知り、今の団体をたちあげたそうです。支援には直接支援と間接支援があります。直接支援とは一般のNPOがしている支援です。実吉さんが行っている中間支援とは、このような支援を行うNPOを支援するという活動です。具体的には、NPOの近猿アドバイザーをして寄付を募る方法を伝達しています。また集まったお金を他団体に分けるといったこともしています。
140619_1.jpg

NPOは収入によって在り方が変わってきます。実吉さんは広報を通して認知度を上げることが大切だと考えています。物量作戦というものがあり、NPO団体の募金冊子のようなものを作り、企業の社員食堂に置いたりして、多くの人の目に留まってもらうようにします。また、「伝えるコツ」プロジェクトを開き、NPO団体が自分たちの団体のことをどのように伝えていくのかをレクチャーしています。NPO団体が苦手としている広報力を高めていこうとしており、電通のCSRの一環として協力して行っています。
140619_2.jpg

伝えるコツを始めてから、NPOのチラシの作り方が大きく変わり、カラフルだったものがシンプルに、文字だらけで読みにくかったものが見やすくなったりしました。他にも、SNSを利用するなど外向けの媒体が良くなったそうです。実吉さんは団体と地域の接点ができたらもっとたくさんの人々にもNPOの良さが伝わると考えています。そのため、この接点を作ることを仕事としています。そして各団体が発信していく力も必要があり、その手伝いもしております。今後、NPO団体は企業のマネージメントとその志を融合していくことによってさらに進化していくだろうと考えています。
posted by fmyy at 15:42| Comment(0) | Podcast | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。