2015年01月06日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 3年「あなたと話したい、復興ってなに?」阪神・淡路大震災から20年、あらためて復興の意味を考える(1)

IMG_6567.JPG
2015年1月6日火曜日第一回目担当者
稲岡薫(写真右)&山本由里香(写真左) 
IMG_6568.JPG
◆稲岡薫 取材相手:西本純子さん

■トーク1
パート①
阪神淡路大震災という言葉をきくと、どこの町を思い浮かべるだろうか。たいていの人は神戸の街について想像すると思います。しかし、淡路島も、神戸同様に大きな被害を受けた土地であるのはご存じでしょうか。この番組では、淡路島の震災時の様子や、その後の復興、そして現在について伝えるものです。
今回インタビューに応じてくださった西本純子さんは、淡路島の洲本市にお住いの主婦で、ふたりのお子さんがいる状態で震災を体験されました。彼女は震災が起こったときは二階の寝室で下のお子さんといたそうです。家がつぶれてしまうかと思うくらいの揺れであったと西本さんは語られました。しかし、西本さんの住んでいる地域はまだ被害が少なく、西本さんのお家もつぶれてしまう事はありませんでした。しかし、淡路全体では家屋倒壊の被害が特に大きく、西本さんの知り合いにも、お家が住める状態でなくなってしまった方もいたとお話を伺いました。
淡路では地域の連携がしっかりと取れていたため、地域全体での死者の数はとても少なく抑えることができたそうです。しかし、神戸と状況は違えども、復興にかかった苦労はなみなみならぬ物だったと思われます。淡路の町の震災後の変化について西本さんに伺いました。

■トーク2
西本さんは淡路の町の変化について、町はきれいに復興できていると感じるが、震災をきっかけに島外へ引っ越していってしまった方もいて、空き地が増えたように感じると述べました。町を実際に歩いてみると確かに空き地はあるものの、震災があったことが分からないくらいに町はきれいでした。
震災の爪痕が島から消えていく中、西本さんもすこし震災についての意識が薄れていた部分もあったと言われました。しかし、2014年に淡路島で地震が起こった際、これは忘れてはいけないものなのだと改めて思ったそうです。震災を体験した人は恐怖を強く覚えている。しかし、少しずつ忘れてしまうところもあり、忘れることもいいことかもしれないが、忘れてはいけないこともあるとも、西本さんは話されました。
震災から20年がたち、人の記憶から震災のことが消えることは、当時の衝撃やつらい経験を思い起こさせるものが無くなったと考えるなら、悪いことではないかもしれません。しかし、その記憶は忘れてはいけないものなのだと私も感じます。私たち震災を知らない世代に震災の記憶を伝えることで、私たちも震災を意識することができるようになります。一度壊れた町は完全に元通りに復興することはできません。しかし、それを理解し、震災について意識を持つこと。これが、復興にも、そしてこれからの防災について考える際にも必要なのではないでしょうか

◆山本由里香 取材相手:高井優さん

■トーク1
阪神淡路大震災からまもなく20年がたちますが、果たして復興は完了したのでしょうか?1.17から月日が経ち、震災を知らない世代が増えてきています。今回私は、大学三回生の高井優さんに取材を行いました。高井さんは1歳の時に被災され、双子のお兄さんである将さんを亡くされました。高井さんのお話を通して、震災を覚えていない・知らない世代の方々にも1.17をあらためて身近に感じていただければと思っています。
このチャプターでは高井さんの1995年1月17日のお話と『復興』という言葉について伺いました。私たちが日頃様々なメディアで目にする機会も多く、よく使われる『復興』という言葉。この言葉が時としてプレッシャーとなってしまうことを忘れてはいけません。

■トーク2
続いて、果たして復興は完了したのかについてお話を伺いました。復興にはいろいろな意味があり、街の復興と心の復興は違うもの。町や道路の整備が済んだとしても、それに比例して人の心が言えていくものではないと高井さんはおっしゃいます。また、20年だから特別というわけではなくこの先も変わりなく将さんのことを思っていると語られました。
心の復興に明確な終わりはありません。今回高井さんに取材をさせていただき、そのことをより多くの方に忘れないでいてほしいと思いました。震災を知らない世代が増えてきていますが、この先もあの日何があったのか、震災の記憶を風化させてはならないと感じています。
posted by fmyy at 21:19| Comment(0) | Podcast | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 4年卒業制作 第13回

IMG_6450.JPG
第13回 大藤早織 箕面市から発信する変わったイングリッシュ・スクール
◆トーク1
この音源には、まず最初に番組のテーマである、箕面市にある「土曜学校」と言う名の
英会話スクールの概要を説明し、次に今の日本の英語教育の現状を説明しました。
日本の英語教育は、文法から入っていくため、中々会話力の上達を図れないのが
現状となっているのです。そんな中、この番組で紹介する「土曜学校」の責任者である
マイク・バセットさんにインタビューし、彼の日本へ来た経緯や今の日本の英語教育に
ついての考えを答えてもらいました。内容としては、彼は日本の英語教育システムを
良くないと評価しており、その理由としては、一人の教師に対し、40人程度の生徒を
英語の授業に関わらず、日本語で教えるのでは意味がないそうです。こんなやり方では、
英語を好きになれない事はもちろん、頭にも入らず会話力を持つ事が出来ないそうです。

◆トーク2
この音源には、主に土曜学校のプログラムの内容をマイクさんに伺うため三つの質問をしました。
まず一つ目は、土曜学校が他の英会話教室に無い物とは
何なのかについて、マイクさんは働くスタッフが色々な国、ウズベキスタン、イエメン、ネパールやペルー等の国々から来ているので色々な文化や価値観を理解する場が
ある事です。二つ目は、土曜学校は小学生のみのプログラムであるので
何故中学生の部が無いかを聞きました。答えの内容は、昔は中学のプログラムは
あったのだが、小学生と比べて勉強量や、部活が忙しくなるため、生徒が
集まらない事から、無くなったのです。三つ目の質問は、土曜学校がECCジュニアや、NOVAとどう違うのかを聞きました。この質問に対し、マイクさんは、ECCジュニアでは
短時間でしか英語に触れる事が出来ないが、土曜学校は6時間英語で拘束するのだそうです。また行われる授業は高度スキルなテキストを使用するので、英語の上達が他よりも
早いのだそうです。
IMG_6451.JPG

◆トーク3
この音源では、土曜学校に通う小学一年生の植杉さきちゃんに、感想を聞きました。
さきちゃんは、他の英会話教室に通っていますが、その中でも土曜学校が一番楽しいと
言っていました。主な理由としては、土曜学校は他の英会話教室より体を動かす
アクティビティーがあるので、飽きる事なく、通い続ける事が出来るのだそうです。
そして番組の最後に、マイクさんや、さきちゃんにインタビューを行った事で、
新しい環境を受け入れるためには、もしくは新しい語学を学ぶためにはその環境に
「自分」から飛び込み、どっぷり浸かる事ではないかと思いました。
その環境の一つとして土曜学校も可能性があるのではないかと思います。
posted by fmyy at 15:10| Comment(0) | Podcast | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 4年卒業制作 第10回

IMG_6221.JPG
担当:北村真緒 「放送業界の経営とは?」

①民放連研究所が行ったアンケートの結果、放送業界の重要課題第1位が経営関連、3位がラジオ経営関連でした。(経営四季報2014年より)そんな放送業界の経営について、Kiss FM KOBE代表の横山剛さんにご協力いただき、番組を制作しました。放送業界は守られた業界であるが故に、一般企業とは異なる経営をしている傾向があります。そのようなラジオ放送局について、様々な企業の経営をされた経験のある横山さんはどのように感じられ、改善されたのでしょうか。

②視聴率や聴取率によって広告収入が変わり、それによって制作費が変わるというのが放送業界です。短期的な視聴率や聴取率を得るために洗練された番組が減っていることは、放送業界の課題の一つです。短期的に視聴率を得ようと考えるのではなく、長期的な視野で視聴率を得るとはどういう事なのでしょうか。

IMG_6220.JPG

放送業界のやりがいは、情報を通じて人生の豊かさを提供できること。そして、実際にそれを目で感じられるのが、イベントのお手伝いをしたときだそうです。自分たちが宣伝をしたイベントにたくさんのお客さんが駆け付けてくれたときは、嬉しいでしょう。私たちにとって身近で、必要な放送業界だからこそ、リスナーである私たちが時には厳しい目で業界を見ていく必要があるのかも知れません。
posted by fmyy at 19:39| Comment(0) | Podcast | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。